ちりがみ

小嶋陽菜さん/AKB48/岩田桃夏ちゃん

ノースリーブス10周年全落ヲタクの悲鳴

以下、「お前のチケット運が悪いからだろボケカス」の文章です。

 

 

「ノースリーブス 10th ANNIVERSARY〜丸ごとno3b!!〜」チケット先行販売の抽選すべて落選でした。

当落発表の後、やめとけばいいのにツイッターでどんな人が当選してるんだ?って調べてしまうんですね。

当たり前の話ですが、ノースリーブス10周年イベントにノースリーブスのヲタク以外の人は参加してはいけないなんてことはありません。今現在ノースリーブスのヲタクじゃないけどノースリーブス10周年をお祝いしたいという人が多くいるのはノースリーブスのヲタクとしてニッコリ案件です。でも、自分が落選してるのに笑ってるのもおかしい話ですからね。

ノースリーブス10周年イベントについては、週刊ノースリー部で10周年は流石にイベントやろう、Lieの振り思い出そう、トロッコ乗るわ、みたいな話をしてて、私はその時から自分は絶対このイベントに参加するんだという気持ちでいたわけです。ごく当たり前に。その後ノースリー部は放送を終了して、3人での活動もなく、こじまつりを最後に3人がノースリーブスとして舞台に上がることもなかったわけですが、沈黙を破って再びノースリーブスがノースリーブスになった瞬間がこの10周年イベントの発表だったんです。しかし、私は落選してるわけです。

 

何故こんなに落選が悲しくて辛いのか、多分AKBのチケットシステムに慣れてるからというのも一因だと思います。

AKBのチケットは一括してAKB48グループチケットセンターというサイトにて抽選販売されます。このサイトの会員登録では推しメン設定が必須で、チケットセンターに無料会員登録した上でモバイルサイトやファンクラブの有料会員になって各種イベントのチケット先行抽選に応募できるシステムになってます。チケセン(運営)側は誰がどのメンバーをどれくらいの期間推してるのか把握しています。なので、推しメンの生誕祭公演や卒業コンサート、卒業公演などのメモリアルイベントには優先的に当選させてくれるのが暗黙の常識なんですね(私見です)

そして今回のノースリーブス10周年イベントはAKBチケセンと関係ないのは当然のこと、数年間活動がなかったのでファンクラブやモバイルサイトも存在しておらずそういった類の先行販売もなく、ただ各種プレイガイドによって当落が決められるのです。プレイガイドは、私が前回の丸ごとno3bからの5年間もノースリーブスのイベントを待ち望んでいたことなんて当然知らないので、他の人たちと同じ条件なわけです。

つまり、もし今回のノースリーブス10周年イベントがAKBチケセンと同じようなシステム、あるいは活動皆無期間から続くファンクラブ先行なんかがあったとしたら自分は当選してたんじゃないか、という驕りが捨てきれない、という話なんですね。

AKBチケセンの言わば「好きな気持ちをチケット運に具現化できるシステム」に甘えていた自分が悪いんですけど。

ただ当落出てすぐにツイッターで「2枚ありますDMください」「キャンセル忘れて重複当選した」とか投稿する人間は例え煽るための嘘だとしてもまじで呪うし自分を呪ってる人間がこの世に存在することを忘れるなよ(呪詛)

 

残るは一般販売(先着)になるわけですが、果たしてどれだけのチケットが残っていて、どれだけのチケット購入のプロが参戦するのか分かりませんが、チケセンという温室育ちのヲタクがその戦争に勝てるのか、果たして果たして…。

 

10周年イベントのチケットが取れなかった人はノースリーブスのヲタクをする資格がない、なんてことはないと思いますが、ノースリーブスを知って好きになってから雨の日も風の日も無風の日々も好きでいた私の気持ちはただの怨念だったんだなぁということを考えさせられるのでした。

ヲタ活はLOVE修行、なんて言葉じゃ自分を納得させられない、だってチケット落選してますから。ノースリーブスが揃うことだけじゃなく、小嶋さんがステージで歌ってるところを見られるなんて本当に最後の機会かもしれないのにね。悲しいね。

 

長々と書きましたが、要するに私の気持ちは、

「流石に10周年は何かやるよね?やるよね?」つってチラチラ見てるような、3人が一緒に食べたヨーグルトの画像(3人の画像ではなくヨーグルトの画像)を見ただけで嬉しくなっちゃうようなヲタクたちが落選して、「おっノースリーブス懐かしいな」みたいなスタンスの人が当選して、神様もM&Sも無慈悲だね。

ということです。

お前のチケット運が悪いからじゃボケカス了解(おしまい)